• ブランド価値構築のあり方、そしてそのコミュニケート方法は、チャネル(売り方)やターゲット、商品ポジションにより、大きく異なってきます。当社は、ほぼ全方向の分野において、手法の異なるブランドデザインを行っています。
  • ブランド価値を伝え、数あるブランドの中から選択されるための「強さ」と、満足度とロイヤリティに繋げる「美しさ」。このともすれば相反する要素を、各々譲ることではなく融合させることで
  • ブランドデザインは、上市した瞬間より、むしろその先こそが重要だと考えます。時代とブランドを見つめながら「守るべき価値」と「変えるべき価値」を見極め、存続し続けるブランドデザインを行っています。
  • デザインの領域は平面だけでなく、立体まで。色、そして素材の質感、さらには形の妙を活かし、最大限にブランド価値を表現、伝達します。